太陽光発電による、土地活用と資産活用をご提案します

2012年7月にスタートした全量固定買取制度は太陽光発電で生み出した電力を20年間一定額で買い取ることを国が保証した制度です。
この全量固定買取制度が今、大きな注目を集めています。では、なぜ注目されているのでしょうか。

それは「電気が高く売れる」からです!

通常電気は1kwh20円前半の価格で電力会社から買います。ですが、太陽光発電で生み出した電力は1kwhあたり32円(税別・平成26年度)で売ることができるのです。太陽光発電で生み出した電力は電力会社が販売する価格よりも高い価格で買い取ってもらえるのです。つまり、遊んでいる土地(遊休地)に太陽光発電システムを設置することで収益化することができるということになります。さらに国の期限付きの措置ではありますが、グリーン投資減税を活用することにより、太陽光発電設備において、単年度で100%即時償却等ができ、税制優遇を受けることも出来ます。

また、この国で決められた買い取り価格は、毎年下がっていくことが決まっていますので、太陽光発電に少しでもご興味をお持ちの方は、急いだほうがお得です。

DSCF5223

最新記事

PAGETOP