資産活用について

taiyoukou

太陽光発電事業は、大きく分けて50kW未満の低圧タイプと、50kW以上のものに分かれます。

50kwmiman 50kwijou
土地面積(目安) 900㎡(約270坪)
設備にかかる金額(目安) 1900万円程度
単純予想利回り 約8.7%
メリット 初期投資費用を抑えられる
設置・運営に特別な資格・免許が不要
比較的小さなスペースから可能
B/C効果が大きい
大規模な遊休土地の活用ができる
固定資産税の軽減が受けられる
デメリット 固定資産税の軽減が受けられない 工期・申請にかかる日にちが長い
発電にかかる設備(パワコン等)が高額
備考 48kW低圧連携システムの場合
年間発電量×(34.56円/kW) 165.8万円
200kW発電システムの場合
年間発電量×(34.56円/kW) 691.2万円

上の表はあくまでも目安となります。設置場所等の条件により変更になることもございます。
詳しくはお問い合わせください。

seido

再生可能エネルギー発電設備にかかる固定資産税の軽減措置について

低圧かつ10kW未満を除く、固定価格買い取り制度の認定を受けて取得された再生可能エネルギー発電設備(※)については、新たに固定資産税が科せられることとなった年度から3年度分の固定資産税に限り、課税標準を2/3に軽減されます。(平成28年3月31日までに取得された設備が対象)
※蓄電装置、変電設備、送電設備含む

グリーン投資減税について

再生可能エネルギー設備への投資を支援するため、太陽光発電設備については、固定価格買取制度の設備認定を受けた10kW以上の設備を取得し(※)、かつ壱年以内に事業の用に供した場合には、①即時償却(100%償却、全額償却)、②普通償却に加えて取得価額の30%相当額の特別償却、③中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の税額控除、のいずれかの税制優遇措置を選択できます。(即時償却については平成27年3月31日まで適用)
※国、または地方公共団体の補助金をもって取得等したものは対象外。

全量買取制度について

10kW以上の太陽光発電事業においては調達期間20年の全量買取制度の適用を受ける事ができます。この場合の平成26年度(平成26年4月~平成27年3月末)の買取価格は32,0円(+税)で決定されています(※)。10kW未満の場合、調達期間10年、価格は37円(税込)の余剰電力買取となります。
※買取期間は、特定計約に基づく電気の供給が開始された時から起算。

資源エネルギー庁ホームページ

sigenn

PAGETOP